スパロボオリジナルヒロイン(女主人公)の専門サイト



サイトトップ  ヒロイン名前順一覧  ヒロイン人気グッズ  スパロボ漫画&アニメ  スパロボシリーズ一覧表

カルヴィナ・クーランジュ (Calvina Coulange)

【キャラクターデータ】
  • 声優:―
  • 種族:地球人
  • 性別:女
  • 所属:連合宇宙軍→アシュアリー・クロイツェル社→ナデシコ→特務艦隊
  • 階級:元少尉
  • 年齢:22歳
  • 身長:---cm
  • 体重:---kg

『スーパーロボット大戦J』の女主人公。ホワイト・リンクスの異名を持つ天才パイロット。木星蜥蜴との戦闘で負傷し、軍を退役した後クロイツェル社で新型機のテストパイロットを指導していたが、フューリーがクロイツェル社を破壊するという事件が発生し、彼女のみが生還する。しかし、自身もパイロットとしてはリハビリが必要になるほどの重傷を負い、恋人を失った絶望に打ちひしがれるなど心身共に大きな傷を負う。その後、プロスペクターのスカウトでナデシコの戦闘アドバイザー(ちなみに、本来はゴート・ホーリーのポジションである)として雇われるところから物語が始まる。

当初はパイロットとして戦えない身になった事もあってナデシコで指揮を執るだけだったが、3人娘が持ってきた機体に何故か乗ることが出来た(本来生粋の地球人であるカルヴィナはフューリーの機体に乗ることは出来ないが、クロイツェル社にいた頃にサイトロンを浴び続けたため、フューリーの機体との適正が生じていた)ため、渋々戦場に舞い戻る事に。

それでも戦う意味を見出し、過去とけじめをつけようとした矢先、死んだはずの恋人アル=ヴァンと再会、彼がフューリーであり、カルヴィナを騙していた事実を知って豹変。以後はアル=ヴァンへの復讐を目的として行動するようになる

…が、彼への愛情も捨てきれず、一度アル=ヴァンが死んだと思われた時はショックのあまり部屋に閉じこもってしまった。アル=ヴァンとの決着をつけた後は、決意を新たにフューリーとの決戦に赴き、最終決戦ではアル=ヴァンと再会、復縁する。

普段はクールなのだが、アル=ヴァンへの復讐を目標としていた時期はアル=ヴァンと顔を合わせるだけで我を忘れるほどの激情を見せた。ある程度落ち着いてからも後述の通り「愛しているから殺す」という発言をする。その姿から、ヤンデレと評される前代未聞の主人公であった。もっとも、アル=ヴァンとの決着後はそんな一面は見せなくなる。なお、序盤はアル=ヴァン以外から「カルヴィナ」と呼ばれる事を酷く嫌っていた。

アル=ヴァンの元恋人という重要な設定はあるのだが、もう一人の主人公である統夜が元々フューリーの人間だったという重要な設定を持つために主人公としては見劣りしている印象がある。また、「復讐者の女主人公」という点ではJの直前に発売された第3次αでセレーナというカルヴィナ以上に濃く描かれたキャラもいたのもマイナスポイントになったと思われる

【登場作品】
  • スーパーロボット大戦J
【パイロットBGM】
「Revenger」
前半主人公機BGM。タイトルが「復讐者」という直球ど真ん中。
「Guardian Angel」
後半主人公機BGM。今度は「守護天使」。ちょうどアル=ヴァンとの決着を終えた後なのでタイミング的にはばっちりである。
【関連動画】
カルディナ専用機【B・ブリガンディ】 パートナー乳揺れ動画【カティア】

登場作品と役柄

女主人公として登場。性格が冷静なのでグランティードとは完璧に不向き。ベルゼルートが一番ベターと思われる。
なお、彼女は指揮官技能を持つ珍しい主人公である。

1作品(スパロボJ)にしか出演していないにも関わらず、ヤンデレ属性の強烈な個性と乳揺れで、根強い人気を誇るヒロインである

名台詞

「…みんな死んだんだ。子供が生まれるってはしゃいでたジャッキー。木星トカゲを倒す兵器をつくることで恋人の敵が討てると信じてたアリス。ようやく休暇がとれたから家族に会いにいくと言っていたマツザキ。外宇宙への探査船団に参加するのが夢だったヴォルグ。婚約したばかりだった技術部のキャシーと医療班のレン。あたしの大切な仲間や友人たちは誰も…誰も助からなかったんだ!なのに、あたしだけが生き残って…それが全部あいつがやったことだったなんて!」
アル=ヴァンに裏切られた事を知って、クロイツェル社の同僚の事を思い出して。…本人的には真面目に言ってるんだろうが、プレイヤー的にはこれで何も起こらない方がおかしいくらいの死亡フラグのバーゲンセール。

「自分でも、こんな気持ちなのは不思議だったわ。だけどようやくわかった。今でもあなたは、私の全て!だから私の全てを賭けてあなたを殺す!さあ、戦いましょう、アル=ヴァン!」
アル=ヴァンとの決着に際して。ヤンデレ以外の何者でもない台詞だが、それ以前は我を失うほどキレてたのでこれでもまともになった方なのだから困る。

「復讐は終わったの。今、目の前にいるのは…私の、世界一大切な人。世界で一番、守りたい人…」
「…今でも愛してるわ、アル=ヴァン」
ガウ・ラ・フューリアを止めに行く際の台詞。

スパロボヒロイン+αメニュー