スパロボオリジナルヒロイン(女主人公)の専門サイト



サイトトップ  ヒロイン名前順一覧  ヒロイン人気グッズ  スパロボ漫画&アニメ  スパロボシリーズ一覧表

セレイン・メネス (Selain Meneth)

【キャラクターデータ】
  • 声優:---
  • 種族:地球人
  • 性別:女
  • 所属:地球解放戦線機構
  • 年齢:17歳
  • 身長:---cm
  • 体重:---kg
  • 髪色:紫

リアル系女主人公。搭乗機はスヴァンヒルド、ラーズグリーズ。

戦災で家族を失い、レジスタンスとなって帝国と戦い続ける少女。その戦闘能力、判断力から周辺のゲリラ達にも名を知られた存在だった。気丈な性格だが年齢に似合わないクールさ、シビアさを持ち合わせる。富野作品を意識していると言われるアークライト・ブルーに対して、乗機のデザインなどからセレインのキャラクターやシナリオは高橋良輔作品を意識していると言われている。

元来は上述の通り帝国へのレジスタンス行為のみが自身の生きる意味となっており、それ以外のことを気にかける余裕を持っていなかったが、マーチウィンド隊で多くの仲間と触れ合う中で少しずつ余裕を取り戻していく。また、戦いの中で出会ったレジスタンスの少女・レラの生き急ぐ姿にかつての自分を重ね、気遣う一面も見せるようになる。
しかし、レラについてはどう足掻いても救うことは出来ず、ルートと選択によっては悲しい結末を迎えることになる。

シナリオライターの鏡氏本人と思われるショート・ショートがネット上に存在しており、そちらのほうで本編開始前、終了後の彼女の話を垣間見られる……が、終了後の方はともかく開始前の話は彼女の境遇を更にどん底にたたき落とす悲惨なものである。ただし、その内容の小説はあくまで裏設定(と思われる)の扱いであり、そのうえ設定が公式か非公式であるかすらも不明である。

【登場作品】
  • スーパーロボット大戦64
【パイロットBGM】
I'm Space Woman
セレインの専用BGM。直訳すると「私は空虚な女」である。
スパロボの主人公のテーマ曲の中でも「1〜2を争う名曲」と、評価が高い。
【関連動画】
セレイン専用BGM【I'm Space Woman】

シナリオライターと裏設定

『64』のシナリオを担当したのは鏡俊也(Dも彼の担当)だが、彼は『64』に関してさまざまなアクションを起こしている。

自身のWebサイトで『64』の設定や製作秘話を公開(直ぐに閉鎖)。
『64』を題材としたWeb上のゲーム(PBW)「War in the EARTH」を立ち上げ、さまざまな設定を公開。
主人公の一人、セレイン・メネスに関する小説(レイプシーン有り)を知人のWebサイトに投稿

通常、設定などストーリーにかかわる情報は版権元に管理されるはずだが、そういった様子は見受けられない。ひょっとしたら権利関係が正しく管理されていないのかもしれない。

名台詞

「ぐうぅぅっ、これまでか……いや、まだだ!」
「火はいれたままのまず…よし!!」
「さぁ来い、まだ私は死んでいないぞっ! 1機でも多く道連れにしてやる!」
第1話より。帝国軍の襲撃で仲間をほとんど失い、自身が乗っていたザクも大破して追い詰められた際、そばに置いてあったスヴァンヒルドに乗り換えて反撃を開始した。

「ヤヌス……化け物ども……絶対に許さんぞ。スヴァンヒルド、出る!」
「貴様は……貴様だけは私が殺す! 絶対に逃さん!!」
OZルートにてレラが自分をかばい、重傷を負った直後の出激時の台詞。冷静なセレインが、怒りにまかせて戦いに赴く珍しいシーン。

「あれは私の昔の姿だ。目に映るもの全てを憎悪して、たいした力もないのに銃を取り、そして……いつか自分が戦いの中で死んでいくと、それでもかまわないと……本気でそう思っていた頃の私なんだ!」
中盤にて、(爆発まで時間が無かったとはいえ)自爆寸前の基地に閉じ込められたレラを救出しに単独出撃することを制止したブライトに対して。

「あまり楽観する気にはなれないな。…でも、少しは信じてもいい気もするよ。あれほど不可能だと、生還できないと思ったことが幾度もあったのに、私はこうして生きている。それ以上に信じられないことなど、ありはしないからな」
EDより。戦いが終わった後も暗い雰囲気が漂う64の世界観を考えると、希望が見える台詞ともいえる。

スパロボヒロイン+αメニュー