スパロボオリジナルヒロイン(女主人公)の専門サイト



サイトトップ  ヒロイン名前順一覧  ヒロイン人気グッズ  スパロボ漫画&アニメ  スパロボシリーズ一覧表

リン・マオ (Lynn Mao)

【キャラクターデータ】
  • 声優:緒方恵美
  • 種族:地球人
  • 性別:女
  • 年齢:19歳(第4次・F)、28歳(αシリーズ及びOGシリーズ)
  • 誕生日:4月14日
  • 血液型:B型
  • 髪色:ピンク
  • 所属:ナイメーヘン士官学校(第4次、Fリアル系)、テスラ・ライヒ研究所(Fスーパー系)→地球連邦軍(ロンド・ベル)(第4次、F)、ナイメーヘン士官学校→ティターンズ(『恋人いる』を選んだ場合)→ロンド・ベル(第4次副主人公時)マオ・インダストリー社(αシリーズ、OGシリーズ)
  • 階級:少尉(第4次及びFリアル系)、元中尉(αシリーズ及びOGシリーズ)
  • 役職:テスラ研職員(Fスーパー系)、マオ・インダストリー社社長(OGシリーズ現在)
  • キャラクターデザイン:湖川友謙(第4次)、河野さち子(F以降)
  • 主な搭乗機:ゲシュペンスト、ゲシュペンストMk-II、ヒュッケバイン、グルンガスト(第4次、F)ヒュッケバイン008L(OG)
<第4次スーパーロボット大戦&F>

「クールでニヒル」な女主人公。猫好きな一面あり。スパロボ初のツンデレ。男嫌いという設定なのに、恋人は異性好きのイルムガルト・カザハラ。

イメージソングは「勇気の時代」。8人中2人の歌い手と声優が一致していないキャラの1人。もう1人はパットで、2人でその事を愚痴っていた。猫アレルギーのパットと上手くやれているのかは謎。
<スーパーロボット大戦α&ORIGINAL GENERATION>

父の後を継いで、マオ・インダストリー社の社長を務める。かつてはイングラム・プリスケンを隊長としたPTXチームの一員であり、イルムガルト・カザハラに比肩するパイロットだった。さすがに克服したらしく、男嫌いの様子はない。が、イルムがナンパしているところに出くわして絶縁するなど、イルムを尻に敷けるようになったらしい。

余談だが、第4次の8人の主人公のうち、寺田Pが一番気に入っている主人公がイルム・リンのペアとのこと。α・OGシリーズに参戦できている主人公が未だにこの2人だけであることと関係しているのかもしれない。
【登場作品】
  • 第4次スーパーロボット大戦(S)
  • スーパーロボット大戦F(F完結編)
  • スーパーロボット大戦α(DC版)
  • スーパーロボット大戦α外伝
  • スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION
  • スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION2
  • スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATIONS
【パイロットBGM】
「勇気の時代」
8人中2人の歌い手と声優が一致していないキャラの1人。もう1人はパットで、2人でその事を愚痴っていた。
【関連動画】
リン専用機【ヒュッケバイン008L】

登場作品と役柄

第4次スーパーロボット大戦(S)
主人公の一人。イルムを主人公にした場合、初期はティターンズに所属している。イルムを主人公にして恋愛ポイントが高いと最終話でとんでもないデレっぷりを見せ付ける。

スーパーロボット大戦F
第4次と大体同じ設定だが、声が付いた。自分は味音痴だと吐露したり、クロとシロにメロメロになったりしている。

スーパーロボット大戦F完結編

スーパーロボット大戦α
マオ・インダストリーの社長としての設定。大人の知的美人。バックアップの役目。

スーパーロボット大戦α for Dreamcast
αと同じ。

スーパーロボット大戦α外伝
今回はイージス計画の責任者の一人として。

スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION
社長のシートに座っているのに苛立ったのか、ヒュッケバイン008Lの封印を解いて戦闘に参加する。

スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION2
本社がインスペクターに占領されるので、そんな経緯から最後までヒュッケバインのパイロットとして参戦。メキボスの計略でヒュッケバインごと人質にされるが、イルムの唐突な発言でピンチを乗り切る。これは第3次の破嵐万丈のイベントと同じ。能力的には悪くは無いが、参戦が遅いのと、性格が非常に気力を上げにくい「普通」であるというのがネック。

スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATIONS
社長設定で初めて声がついた。気迫持ちなので、開幕からヒュッケバインの「ブラックホールキャノン」「分身」と、「見切り」が使えるのは大きい。貴重な「直感」持ちで、集中と熱血も完備。全く隙がない。エースボーナスもそれに拍車をかける。
ちなみに、なぜかOG外伝には一切登場しない。社の建て直しで忙しいのかもしれない。

名台詞

「ひょっとして私は、とんでもないことをしてしまったのか?」
第4次でイルムを説得して仲間にした時に。

「私が…恋の告白なんてすると、変だよな。似合わない…だろ。でも…」
第4次イルム最終話にて。デレ突入。

ミツコ「ビジネスも戦いですわ。そんなことで生き残れますの?」
リン「生き残ってみせるさ。伊達に修羅場は踏んでいない」
OGS(2)「会者定離の理」で、イスルギ重工の傘下に入らないかというミツコの誘いを断った際のやり取り。

(行くもヒュッケバイン、阻むもヒュッケバインか。……つくづく因果な機体だな)
(だが、あれを操っている連中に教えてやる……)
(凶鳥の力……その何たるかをな!)
OG2におけるマオ社脱出時の言葉。インスペクターが量産型ヒュッケバインで襲ってきて、自分もヒュッケバインで迎撃していることに対し、皮肉を感じて。

スパロボヒロイン+αメニュー