スパロボオリジナルヒロイン(女主人公)の専門サイト



サイトトップ  ヒロイン名前順一覧  ヒロイン人気グッズ  スパロボ漫画&アニメ  スパロボシリーズ一覧表

セツコ・オハラ (Setsuko Ohara)

【キャラクターデータ】
  • 声優:高口幸子
  • 種族:地球人
  • 性別:女
  • 生年月日:9月3日
  • 年齢:19歳⇒20歳
  • 血液型:A型
  • 星座:乙女座
  • 所属:地球連邦軍⇒ZEUTH
  • 階級:少尉⇒なし
  • 好きなこと:スイーツの食べ歩き
地球連邦軍の戦技研究班グローリー・スターに配属された新人パイロット。コールサインは「スター3」。丁寧で正確な操作技術が評価されて、チームの一員となった。性格は内向的で気が弱く消極的で、物事を深く考えてしまう。

自分が軍人に向いているのか、皆の足を引っ張っていないかなどを不安に思っている。バルゴラを駆り、運命に翻弄される人生を送る。性格的にランドとは完全に対極の存在となっており、陽のランド、陰のセツコといった感じである。

優しい性格ゆえに周りの人間関係には気を配っており、子供好きなのか、レントンのような年少者への面倒見が良い。美人という事が作中でも明確に描写されており、特にレントンからは鼻の下を伸ばしまくられていた。

とにかく不幸が目立つ主人公で、「幼い頃に戦災孤児になる」「親しい人を理不尽に殺される」「信じていた人に裏切られる」「機体に命を吸われていく」「力の解放の為に暴行を受ける」と、かなり悲惨な目に遭っている。

その不幸度は彼女同様に不幸主人公の呼び声高いSC2の主人公のケイジに勝るとも劣らない。両者には「幼い頃に戦災孤児になった」「機体に命を吸われていく」「ラスボスに特攻する」と共通点が多い。名前の由来は往年の女優・原節子氏からであるが、名前が名前だけに戦災を題材とした某映画の登場人物も掛かっているのではと言われる事も多い。

性格こそ違うが、アイビス・ダグラスとは、「最初のステータスは低めで後に覚醒イベントがある」「スイーツ好き」「担当声優がスパロボファン」という共通点がある。彼女がOGシリーズに参戦した場合、同タイミングで覚醒イベントが起きたり、スイーツを巡る会話があるなど、クロスオーバーになりそうな要素が満載である。
【登場作品】
  • スーパーロボット大戦Z
【パイロットBGM】
「THE RIGHT STUFF」
セツコの前期デフォルトBGM。グローリー・スター?はこの曲が共通デフォルトBGM。また、イベント専用のアレンジ曲として『悲しみという力』がある。
「涙拭う翼」
覚醒したセツコ及び、バルゴラ・グローリーのデフォルトBGM。PV2で流れていたのはこちらの曲。担当声優の高口幸子氏のブログにて、自作の歌詞が公開されている。一応、寺田Pなどの『スーパーロボット大戦Z』のスタッフ監修のもの。
【関連動画】
セツコ専用機【バルゴラ・グローリー】 セツコ専用BGM【涙拭う翼】

登場作品と役柄

スーパーロボット大戦Z
まだ軍歴に乏しく実戦経験も無いので序盤では能力値が低い(特に技量が低く、カツにすら劣る)が、デンゼルとトビーの離脱時に彼らが得たPPがセツコに還元される為、他キャラよりもPPの獲得量が圧倒的に多い。その上、デンゼルとトビーのPPは個別で周回引継ぎが行われる為、周回プレイを重ねると加速度的に強くなる。
中盤のイベントでSP以外の能力値が+5され、特殊技能欄の「?????」が「SP回復」となり、格段に扱いやすくなる。後のイベントで、更に技量が+5される。
バルゴラの武器は射撃・格闘どちらも使い易いが、初期段階で養成方針を決めておかないと器用貧乏となる。射撃型ならH&Aと集束攻撃をとって全体攻撃での反撃メイン。格闘型は援護向きで継戦力が高い。小隊長能力から火力では射撃型が若干有利。しかしバルゴラにP属性射撃武器が無い事に最後まで泣かされ続ける。
新兵という事もあり、シン、カミーユ、レントンらと絡みが多い。ランド編では常にアサキムを追いかけているので敵対関係となるが、最後には解消されている。なおランド編ではアサキムに完全敗北している描写があるが、代わりに悲しみの乙女のスフィアが発動しなかったのかアサキムに「必要ない」と言われている。

スーパーロボット大戦Z スペシャルディスク
彼女の裏の姿が満載。既に成人している為、チーフが大好きだったビールを口にする事になる。なお、この件は寺田Pがブログで公表している。シークレットエピローグではデンゼル、トビーと共に再結成したZEUTHに参加。セツコが主人公の場合、前回の決戦から生還した事になるのだが、特にZEUTHメンバーの反応は無い。バトルシアターでアクエリオンアルファから不幸断絶拳を食らったのに、ダメージを0に抑えている。彼女の底無しの不幸ぶりを物語るエピソードである。

名台詞

「ガンホー!ガンホー!ガンホー!」
レイ・ピストル(トライチャージ・イベント仕様両方)使用時の台詞。
同じようなセリフに「それ、それ、それぇっ!」がある。どちらも、覚醒後は言わなくなる。

「よくも…!よくも私の心を覗いたわね!」
「言うなぁぁぁぁぁっ!」
カシマルにトビーへの恋心を暴露された後の戦闘前会話。基本的に内気なセツコが本気で激怒した珍しい場面。

「勝平君…その気持ちがあれば、きっと出来るわ」
前述にある通り、人間爆弾イベントで多くの人間が死んだ際、自分と同じように親しい人を失いながらも、弱音を吐かずに前向きに生きるセツコのように強くなると決意した勝平を励ました。

「そんなああっ!!」
レーベンが本性を現した時の台詞。ランドは薄々感付いていて警戒していたが、セツコは全く気付いていなかったらしい。洞察力に優れるランドに対し、セツコの純真さが垣間見えるセリフ。

「アサキム・ドーウィン!」
敵キャラを名指しのみで言うのは珍しい例。

「全てを撃ち抜け、悲しみも! 運命も!」
ザ・グローリー・スター使用時のセリフ。

「(あなたのくれたキャンディー…小石を舐めているみたいだけど、心を優しくしてくれる…)」
シンとの交流。スフィアの影響で感覚が失われる事によって、彼の優しさを心で理解する名シーン。

スパロボヒロイン+αメニュー