スパロボオリジナルヒロイン(女主人公)の専門サイト



サイトトップ  ヒロイン名前順一覧  ヒロイン人気グッズ  スパロボ漫画&アニメ  スパロボシリーズ一覧表

ラトゥーニ・スゥボータ (Latuni Subbota)〔ЛатУнъ Суббoта〕

【キャラクターデータ】
  • 声優:平井理子
  • 種族:地球人
  • 性別:女
  • 年齢:14歳
  • 身長:147cm(OVA版の身長設定より)
  • 体重:---kg
  • 所属:スクール⇒DC⇒地球連邦軍新特殊教導隊
  • 階級:少尉
  • 愛称:ラト(ただし、この呼び方をするのはスクールのメンバーと、「ちゃん」を付けるエクセレンのみ)
  • スクール時代のクラス番号:ラトゥーニ11
  • キャラクターデザイン:河野さち子
OGシリーズに参戦するキャラクター。アラドやゼオラと同じスクールの出身者で、「ラトゥーニ」という名前は彼女がラトゥーニ(=ロシア語で「真鍮」の意)クラスのナンバー11だった事に由来する。

スクールでの肉体強化措置と訓練により、機動兵器の扱いは勿論、生身の戦闘でも高い能力を発揮する。ガーネット曰く、SP数人分の働きをこなせるとの事。

だが、それが原因で極度の対人恐怖症になってしまい、戦えなくなり捨てられた所をジャーダ・ベネルディとガーネット・サンデイに救われる。ベネルディ(=イタリア語で「金曜日」)とサンデイ(=英語で「日曜日」)に救われた為、その間…という事で、スゥボータ(=ロシア語で「土曜日」)というファミリーネームを命名されたが、実際にロシア人であるかはとくに明言されていない。

最初の頃は心を閉ざしていた彼女だが、2人に対しては心を開くようになった。その後、連邦軍に入隊。L5戦役の最中、自らの出自をテンザンに卑しめられて何も言い返せなかった時、リュウセイが本気で怒ってくれた事をきっかけに、彼に好意を寄せるようになる。また、リュウセイに心を開いた事をきっかけに、次第に周囲の人間に対しても心を開くようになる。

シャイン王女に気に入られており、王女が極東支部で一時保護された時には、王女の護衛役として、ゴスロリ服を着せられた挙げ句、ヘトヘトになるまで連れ回された。その時の事がきっかけで友情を深め、新しい眼鏡や水着をプレゼントされている。ちなみに、最初に着けていたのは眼鏡型の情報解析ツールだったのだが、シャイン王女にプレゼントされたものが同様の機能を有しているのかは不明。また、OG2ではシャイン王女と共にフェアリオン・タイプSを駆り、W-I^3NK(ウィンク)システムを用いて未熟な王女のフォローをしている。

バンプレストオリジナルを代表するロリキャラであり、キャラクターとしての魅力に加え、天才として能力も非の打ちようが無い。初登場のOG1から人気は非常に高かったが、OG2でフェアリオンに乗る事になってからは、その人気に拍車がかかった。
【登場作品】
  • スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION
  • スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION2
  • スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATIONS
  • スーパーロボット大戦 OG外伝
  • スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION THE ANIMATION
【パイロットBGM】
BORN TO FIGHT
GBA版OG1&2のデフォルトBGM。汎用戦闘BGMだが、GBA版OG2ではラトゥーニ以外にデフォルトBGMのキャラがいないため、彼女のテーマに近い扱いだった。
Fairy Dang-Sing
GBA版OG2以後に追加された、フェアリオンのテーマ。
真鍮の真心
OGs以後に追加された専用BGM。上記の説明通り「ラトゥーニ」=『真鍮』であるため、曲名は「ラトゥーニの真心」という意味。
【関連動画】
ラトゥーニ&シャイン王女【RHB】 ラトゥーニテーマBGM【真鍮の真心】

登場作品と役柄

スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION
初登場作品。リュウセイ編では序盤から、キョウスケ編では中盤の部隊合流後に加入。機体の関係で火力面では主役級のキャラに劣るものの、それ以外はむしろ上回るほどに高い能力を誇るうえに、天才技能を持つ強力なパイロット。性格?が「冷静」なので、囮にして敵のHPを削らせる役割が最適。中盤で顔グラフィックがゴスロリ服+眼鏡無しになる。なお、眼鏡をかけている間は援護レベルが3まで上がるが、ゴスロリ衣装になると2までしか上がらない。3まで上げれば、ゴスロリになっても援護レベルが維持される。

スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION2
第20話『超音速の妖精』でシャイン王女と共にフェアリオンに乗って登場する。無改造の機体で敵の攻撃を避けまくる姿は壮快。リュウセイから恋愛補正が貰えるので、ライから補正を貰えるシャイン王女と共にSRXの隣を飛び回る事になると思われる。フェアリオンに乗る事で、前作で不足していた火力面も向上、間違いなくエース級の戦闘能力を発揮する。

スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATIONS
OG1、OG2共にGBA版と同様だが、本作ではゴスロリ+眼鏡無しはスポット的な扱いになってしまった。ただし、合体攻撃・ロイヤルハートブレイカーの演出時は例外で、非常に力の入った演出で、ゴスロリ服を着たラトを堪能できる。OG2,5ではフェアリオンに乗れない上、途中で誘拐されてしまう為、かなり不遇。なおOG1での眼鏡時の援護レベル3の特性は残っているが、GBA版と違いシャインがくれた眼鏡になると、素の上限が強制的に2になる。

スーパーロボット大戦 OG外伝
シャイン王女及びフェアリオンの参戦が遅い為、相対的に使いにくくなったといえる。フリーバトルモードで「リュウセイ病」にかかったラトを楽しむのも一興。

名台詞

「過去に何かあるのは…みんな同じだもの。後悔だけじゃ、前には進めないよ?」
イングラムの裏切り、アヤの負傷、母ユキコの特脳研時代の過去発覚…と、立て続けの苦難に落ち込むリュウセイを励ました時の台詞。奇しくもそれはユキコと同じ言葉であった。彼女の真心が込められている。

「リュウセイもマイもそんなつもりがないのはわかってるのに……」
「私……あんな態度を取ってしまって……」
リュウセイとマイの連係攻撃パターンに関するアドバイスを求められたが、疎外感を感じたラトゥーニは逃げ出してしまう。その後自己嫌悪に陥った時の発言。それでもこの後、話しかけるきっかけも兼ねて天上天下念動連撃拳のモーションパターンを完成させており、彼女の性根の良さが垣間見える。……それに引き換えリュウセイは「あんまりわかってないって」とカーラに評される始末である。

迷台詞

「リュウセイみたいにやってみる…」
OG2以降リュウセイの影響で武器などで叫ぶようになる、ユーザーからはこの状態をリュウセイ病と呼ばれる。

「行くぜぇ! 超必殺ぅ! フェアリィィィィ・スパァァァァァァクッ!!」
「音速爆砕!!」
リュウセイ病の影響がコレ。フェアリオン搭乗時に喋る。フェアリースパークはあのスーパーロボット、音速爆砕はSRX単独必殺技のリュウセイの決めセリフが元になっている。

「シシオウブレード! ライオン斬りぃっっ!!」
参式獅子王刀使用時。直訳にも程がある。

「リュウセイみたいに…やってみる」
「ジガン・ガンガン・アタック!!」
「ええーいっ! ガンガン! ガンガンガン! ガンガンガンガン!!」
ジガンスクード・ドゥロのジガンテ・ウンギア使用時。このボイスの絶妙さを活字で伝えるのは難しい。さて、この状態の彼女を可愛いと思った人。……それは決して罪ではない。多分。

「必殺! 二枚刃殴り棒!」
「突撃ぃぃぃぃぃぃ!!」
アルブレードのブレード・トンファー使用時。さすがスクール出は一味違った。機械翻訳も真っ青の超センス。リュウセイを超えた瞬間である。

スパロボヒロイン+αメニュー