スパロボオリジナルヒロイン(女主人公)の専門サイト



サイトトップ  ヒロイン名前順一覧  ヒロイン人気グッズ  スパロボ漫画&アニメ  スパロボシリーズ一覧表

エクセレン・ブロウニング (Excellen Browning)

【キャラクターデータ】
  • 声優:水谷優子
  • 種族:地球人(アメリカ系)
  • 性別:女
  • 年齢:23歳
  • 身長:175cm(OVA版の身長設定より)
  • 所属:地球連邦軍ATXチーム
  • 階級:少尉
  • コールサイン:アサルト2
  • キャラクターデザイン:河野さち子

地球連邦軍北米支部ラングレー基地所属のATXチームパイロット。ATX計画によって開発されたパーソナルトルーパー・ヴァイスリッター及び、それが変異したライン・ヴァイスリッターに搭乗する。PTの操縦技術はかなりのもので、DC戦争やL5戦役ではアルトアイゼンを駆るパートナーのキョウスケ・ナンブと共に、ハガネ(クロガネ)・ヒリュウ改のエースパイロットとして活躍。パイロットとしては射撃戦を得意とし、逆に格闘戦は不得手。

陽気な楽天家で、人懐っこい性格の為、部隊のムードメーカー的な存在となっている。他人をからかったり、女教師と称して間違った知識を吹き込んで楽しむのが大好き。またかなりの酒豪でもあり、いくら飲んでも全然酔わない。しかし本来は知的で冷静な性格であり、まるで別人のように冷淡な口調で斬り捨てる事もある。

キョウスケ・ナンブとは、COMPACT2やIMPACTでは最初から恋人同士。OGシリーズでは1(主にキョウスケ編)で恋人になるまでの過程が描かれていく。エクセレンはキョウスケにベタ惚れで、ことあるごとに彼へモーションをかけている。しかし大抵は素っ気なく扱われるため、直接本人の前で不満を漏らす事も。だが、そんな彼が時折ストレートに愛情を見せると、すぐに受け入れる準備が出来ず、純情な面を見せる事が多い。

過去にキョウスケと偶然同乗したスペースシャトルで衝突・墜落事故を経験した時、エクセレンは一度死を迎えている。しかし衝突したアインストの思惑によって「働き蜂」として再生された。その為、救出された時にはキョウスケとエクセレン以外の全搭乗員が死亡する大惨事となったにも拘らず、彼女に外傷や着衣の損傷と乱れは全く見られなかった。この時の出来事からエクセレンとキョウスケは、アインストの微弱な思念を言葉として捉える力を、無意識に身につけている。

アインストによる再生に伴い、エクセレンの肉体は80%以上が未知の細胞となった。これはOG1キョウスケ編で拉致・洗脳された際、イングラム・プリスケンとアタッド・シャムランの会話時に語られており、エアロゲイターの技術を以てさえ解析できなかった。またこの時のエクセレンをベースとして、彼女を模した存在のアインスト・アルフィミィが生み出された

シャドウミラーの平行世界でも、エクセレンはシャトルの衝突事故で死亡している。こちらでは両親が復活させようと試みたものの、レモン・ブロウニングという「極めて近く、限りなく遠い」存在となって再生された(OG2以降の設定)。

【登場作品】
  • スーパーロボット大戦COMPACT2(第1部/第2部/第3部)
  • スーパーロボット大戦IMPACT
  • スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION
  • スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION2
  • スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATIONS
  • スーパーロボット大戦 OG外伝
  • スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ
  • スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION THE ANIMATION
【パイロットBGM】
「白銀の堕天使(ルシファー)」
エクセレン及び、ヴァイスリッター(ライン・ヴァイスリッター)のデフォルトBGM。
「揺れる心の錬金術師(アルケミスト)」
アルフィミィのテーマとしての印象が強いが、彼女のオリジナルであるエクセレンでも洗脳されて敵として登場する時に流れる。
【関連動画】
エクセレン専用機【ヴァイスリッター】 エクセレン名台詞まとめ集

登場人物と役柄

アインスト側と深い繋がりのある設定上拉致率が極めて高く、敵勢力側に操られてしまう事も多い。

実はOG外伝でやっと初めから最後まで味方でいられるキャラとなった

OGシリーズでは他の機体に乗り換えたり、換装武器を装備させる事で面白い戦闘セリフを聞く事が出来る。

【COMPACTシリーズ】

スーパーロボット大戦COMPACT2第1部
キョウスケとの会話シーンに登場するのみ。本作では使用できない。

スーパーロボット大戦COMPACT2第2部
本作の主人公。キョウスケとは既に付き合っている。
援護Lvが高く、ヴァイスリッターの射程が長いため援護攻撃を得意としている。しかし、ヴァイスリッターの装甲は紙なので援護防御はキツイ。また、キョウスケ同様にWSのパーソナルデータにより能力が上下する。パーソナルデータの名前を「0000000」とし残りを全て空欄にすると、全ステータスが非常に高くなり、また、性別を「Female」にしておくと同姓の主人公の能力が上がるため、さらにエクセレンの能力を上げることができる。このため、能力値は自軍屈指の高さとなり射撃、回避、反応はトップクラスとなる。

スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
ヒロイン。途中アインストにさらわれ、敵として登場。2部と同様名前を「0000000」すると能力の底上げができる。パーソナルデータの性別はエクセレンを使う予定があるならば「?」とし、キョウスケとエクセレン二人に若干の能力上昇が見られる。キョウスケのみを使っていくならば「Male」がよい。

スーパーロボット大戦IMPACT
上のリメイクなので全く同じ。隠しの逆襲のシャアルートまで進むと戦後にキョウスケと結婚した事が明かされる。

【OGシリーズ】

スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION
キョウスケ編2話で登場。OGではここで初対面かと思われたが、シャトル事故の際に偶然彼と同乗していた為、実質的には再会である。エクセレンはキョウスケの事を覚えていたが、彼が思い出すのは後の事となる。キョウスケ編のみ一度エアロゲイターに誘拐・洗脳されて戦線を離脱する。やがては恋人関係に。

スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION2
アインスト・アルフィミィに誘拐・洗脳されてまたまた戦線離脱し(ただしOG2は前作リュウセイ編から続いているので、時間軸的には初めて)、ライン・ヴァイスリッターに搭乗して立ちはだかる。洗脳を解くと機体と共に復帰する。あまり描かれなかったが前作以上に愛は深まっているようで、EDで「アルフィミィ」と「レモン(エクセレンでレモン・ブロウニングを撃墜した時のみ)」という双子の子供が欲しい事を明言。アインスト絡みの話が多い為に事実上のヒロイン。

スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATIONS
GBA版とは異なり、OG2のED後もライン・ヴァイスリッターがヴァイスリッターに戻らなかった為、OG2.5でも搭乗する。シナリオでの出番が少ない上に全体的に暗めで、恋人のキョウスケがラミアの奪還で頭がいっぱいの為、いまいち目立たない。OG2シナリオ以降は初期技能に問題があり、なおかつ、相性の良い技能の幅が広いので、PPを使った養成に頭を悩ませるキャラクターである。

スーパーロボット大戦 OG外伝
扱いとしては2.5版と変わらない。後半戦に突入するとイベントでの出番そのものが無い。使い勝手そのものはOGSと同じで自軍で使用できる期間も長いので、合体攻撃を活かした高い火力による援護攻撃は健在。ただし、援護攻撃役としてはアルフィミィやラウルやフィオナなど、燃費が良くて火力も高い対抗馬がいる為、上手く差別化を図りたい。最大火力という点では合体攻撃を持つエクセレンの方が上なので、ボスクラスの敵ユニットのHPを削る為の手数を増やしたり、HPが多い敵ユニットを仕留めきれなかった時のダメ押しにはラウルやアルフィミィを使い、HPが一定量を切ると撤退するボスを仕留める時の切り札にはエクセレンを使う……というような棲み分けをすると良い。

名台詞

「オクスタンは「槍」って意味なの。勉強になるでしょ?」
オクスタン・ランチャー使用時にランダムで出る台詞。オクスタンは本来、歩兵が扱うには重すぎて騎乗しなければ使用できない騎兵槍(ランス)と、騎兵の突撃に使用するには強度が足りない歩兵槍(スピア)の中間形として生まれたもので、一言で「槍」と纏めてしまうのは少し乱暴な説明なのだが、流石に戦闘台詞で長々とその特徴を説明する訳には行かないだろう。

「わお!」
エクセレンが感嘆した時の口癖。単独で使われる事は少なく、後に場面に合わせた別の台詞が続く。なお、『無限のフロンティア』では小牟も使っている。

「じゃあ二人の愛の力で…!」 / 「了解〜!んじゃ、二人の愛の力で!」
ランページ・ゴースト発動時に、合わせるとキョウスケに言われるとこう返すが、キョウスケからは無視されて文句を言う。その様はさながら夫婦漫才のようである。

「やっぱ、いいなあ…あいつ」
OG1キョウスケ編41話にて。キョウスケの啖呵に思わず惚気るエクセレンだったが、ブリットに聞こえていた為にツッコまれ、うろたえる。

「ハグ…してくれるの?マジで?」
OGクロニクル及びOGSにて。冗談のつもりでキョウスケにハグをねだったら、「帰ってからにしろ」と返されて思わず悶絶。OGSでは表情の変化だけだが、クロニクルでは口元を押さえて顔を真っ赤にしている。

「究極の進化なんて…何の意味もないのよ、お嬢ちゃん」
ノイ・レジセイアの命に従い、ヒトより優れた新たな生命の種子をもたらそうとするアルフィミィに向けて言った台詞。

「………………いい人達だったよね?みんな」
漫画『Record of ATX』において。コルムナ陥落、ラングレー陥落、ゼンガーMIAと辛い事が立て続けに起こっても笑顔でいたエクセレンが、弱さを見せた瞬間。

スパロボヒロイン+αメニュー

スパロボヒロイン+αリンク